1915(大正4)年のこの日、
西尾商店(現在の亀の子束子西尾商店)の西尾正左衛門が、
「亀の子束子」の特許を取得したそう。

亀の子束子が考え出されたのは1907(明治40)年のことで、
正左衛門の妻が、
売れ残っていた棕櫚[しゅろ]製の玄関マットを切り取って丸め、
床を磨くのに使っていたことがヒントとなったのだとか。

生活の中に商品化の種があったんですね。

細長い亀の子束子もあるみたいです。